【埼玉】「足袋のまち行田」への旅 秩父鉄道が変な形のフリー切符「足袋×たびきっぷ」販売

2017
25
1: 紅あずま ★ 2017/10/22(日) 20:07:53.94 ID:CAP_USER
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20171022-OYT1T50029.html

no title

足袋の形をしたフリー切符と、PRポスター(行田市役所で)



 足袋蔵など埼玉県行田市の足袋関連文化財が「日本遺産」に認定されたのを受け、足袋の形をしたユニークな秩父鉄道のフリー切符「足袋×たびきっぷ」(1440円)が販売されている。

 日本遺産による地域活性化を図る「足袋のまち行田」活性化推進協議会が、同鉄道に働き掛けて実現した。
切符は縦14センチ、横8センチの、かわいらしい足袋の形。
裏面で「行田の足袋は約300年の歴史があり、最盛期は全国の約8割の足袋が生産されていました」などと紹介している。

 土・日曜を中心とした販売当日に限り、行田市内の3駅を含む同鉄道全線が乗り放題(急行・SLは別途料金必要)になり、
当日に切符を示すと、同市内の飲食店や博物館、菓子店など19か所で、割引や「まんじゅう1個プレゼント」などの特典が受けられる。

 秩父鉄道の担当者は「こんなに変わった形のフリー切符を販売するのは初めて。持ち帰ると記念にもなるので、多くの人に利用してほしい」と話している。

 12月24日までの土・日・祝日と11月24日に、秩父鉄道の主要10駅で販売。
約1万6000枚を用意し、売り切れ次第終了する。問い合わせは、同鉄道企画部(>>0�。

※電話番号は掲載元でどうぞ


「足袋のまち」への旅、変な形のフリー切符販売
読売新聞:2017年10月22日 14時03分

2: やまとななしこ 2017/10/22(日) 23:04:23.21 ID:6t0sJv5l
古墳群も有るでよ

3: やまとななしこ 2017/10/22(日) 23:32:09.92 ID:caUqso3Z
池井戸潤の『陸王』の舞台でもあります。テレビドラマでも放映中です。

4: やまとななしこ 2017/10/22(日) 23:41:58.76 ID:gcq9JZEW
乳鉄

5: やまとななしこ 2017/10/22(日) 23:44:20.65 ID:aW18nxHV
あし..足袋

6: やまとななしこ 2017/10/22(日) 23:49:29.83 ID:Alm6Jz5J
面白いね
俺はさきたま古墳群が好き
春に散歩するとロマンあるし桜も綺麗だよ

7: やまとななしこ 2017/10/23(月) 04:26:56.76 ID:+QG1NDs3
農業のバイトしてた時、おばちゃんに教えてもらって
ワークマンで足袋を買って使ってみたら、まあ
具合が良いのなんのって。硬い所をあるくには向いてないけど
ふかふかの農地を歩くには、これ程優れたツールはないと思った。

関連記事

0 Comments

Add your comment