【猫だらけの島】「きゃー」「すごーい」「かわいいー」世界が注目する“猫の島”で濃密交流してみた。福岡県新宮町の相島

2017
19
1: 記憶たどり。 ★ 2017/11/19(日) 09:07:16.04 ID:CAP_USER9
20171119130614627.jpg

20171119130046aa4.jpg 20171119130048c90.jpg 

世界から猫好きの人が訪れる「猫の島」が新宮町にある。福岡市・天神から
1時間以内という近さ。「世界に知られる猫の島」なんて大げさな、と思いつつ行ってみると-。

目的地は玄界灘に浮かぶ相島(あいのしま)。新宮港(相島渡船場)から町営渡船に乗ると、
17分で着いた。下船の準備をしていると、女性たちが船のエンジン音にも負けない大声を上げた。

「きゃー」「すごーい」「かわいいー」。そして、また「きゃー」。そんな大げさなと、
心の中でつぶやきながら上陸すると、カメラを構えるのを忘れてしまうほど驚いた。

船着き場に猫がいるわ、いるわ。その数20匹以上。カメラのレンズを向けても動じない。
むしろ撮影者にすり寄ってくるので、スマートフォンでも簡単に撮れる。船を下りるなり、
たくさんの人がシャッターを押し始めた。被写体を変え、何度も角度を変え、あっという間に
撮影会の様相だ。

「取材」も始まった。島民の高齢男性に7人が駆け寄った。テレビ番組の収録で相島を訪れた
人気アイドルグループのメンバーが、体にハート形の模様がある猫を見つけたらしい。
その猫を探していた。

「あ、それならあっちの方にいつもいるから。一緒に行こうか」。男性は慣れた様子で先導した。

「きゃ-」「いた-」。お目当ての猫は1匹で海を眺めていた。確かに、胸にハート形のような
模様がある。相島は「愛の島」でもあるらしい。

この猫も全く逃げない。写真を撮って興奮する人をよそに、平然と何度もポーズを変える。
好みの写真が簡単に撮れるのも、相島の人気に拍車を掛けているようだ。

人口267人、猫100匹

相島は周囲約6キロ。人口は10月末時点で267人。小学生5人、中学生8人、
70歳以上が100人を超える。猫は100匹ほどいるといわれる。
ainoshima-kusatsu2.jpg

 cat-island-fukuoka-ainoshima-access-00-02-map.jpg 
 

ブームの発信源は、実は米国だった。2013年にCNNが「世界五大猫スポット」の一つとして
紹介して以来、新聞や雑誌、テレビの取材が相次ぐ。インターネットの投稿サイト人気の波に乗り、
相島の猫の画像は世界に拡散した。

渡船の利用者も増えた。13年度は9万9800人だったが、16年度は13万人を突破。
猫への餌やり禁止や観光の看板は、英語や韓国語でも書かれている。

2: 記憶たどり。 ★ 2017/11/19(日) 09:07:26.48 ID:CAP_USER9
10月には朗報

10月には朗報が舞い込んだ。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」
(世界記憶遺産)に、江戸時代に朝鮮半島と日本を結んだ外交使節「朝鮮通信使」の資料が
登録された。相島には通信使をもてなした客館の跡があり、訪れる人は一層増えそうだ。

波止場は以前から釣りファンに人気がある。猫や釣りが苦手な人は漁港近くにある
「島の駅あいのしま」がお薦め。取れたての魚、干物、塩うにや猫グッズを販売していて、
食堂では刺し身定食や海鮮ちゃんぽんが楽しめる。2階のカフェで「おさかなバーガー」を手に
くつろぐのもいい。あれもこれも食べたくて、渡船で2往復してしまった。

20171119130049fb0.png 

20171119130044b22.jpeg 

島の駅で買った特産のかまぼこを手に、入り口のベンチに座ると、すぐに5匹の猫に囲まれた。
いつの間にか背後にも3匹。膝の上にひょいと乗り、ごろごろとじゃれてきた。

こんなにたくさんの猫に囲まれたことはない。こんなにもてたのも、人生で初めてだった。

アクセス

西鉄新宮駅やJR福工大前駅から新宮港まで、コミュニティーバスで15~20分程度。
新宮港-相島は町営渡船「しんぐう」が1日5往復(夏季は6往復)する。船体の安定性が高い
双胴船で2階建て。1階は段差がなく、車いす利用者が使いやすい広いトイレや優先席もある。
片道460円。新宮港には150台以上が利用できる有料駐車場がある。

3: 名無しさん@1周年 2017/11/19(日) 09:08:58.86 ID:9rL6jTnU0
ついにねこにんの里を見つけてしまったか

10: 名無しさん@1周年 2017/11/19(日) 09:18:25.89 ID:fzI6vdN20
九州の北のほうは港というか釣り場多いから猫も適当に繁殖してる

13: 名無しさん@1周年 2017/11/19(日) 09:23:21.26 ID:zaKdspId0
あそこ新宮町だったんだ

14: 名無しさん@1周年 2017/11/19(日) 09:26:43.45 ID:Z6JwyB6L0
こんなん江ノ島でも田代島でもええやん

15: 名無しさん@1周年 2017/11/19(日) 09:27:04.25 ID:CjUxBSYn0
ぬこかぜ引いてる子達だらけだから
ぬこ飼いの人は行かない方がいいと
獣医師が言ってた

20: 名無しさん@1周年 2017/11/19(日) 09:50:42.06 ID:ROVXRLq30
ここの猫は目の病気や怪我で汚い
全体的にガリガリで近親交配で似たような猫しかいない

23: 名無しさん@1周年 2017/11/19(日) 09:54:27.02 ID:qBxc0vge0
no title

no title

no title

no title

no title

24: 名無しさん@1周年 2017/11/19(日) 09:55:25.26 ID:OvVKcUJ50
数が多いだけで人間で言うとホームレスみたいなのしか居ないじゃん

25: 名無しさん@1周年 2017/11/19(日) 09:57:43.92 ID:0ZE4pr3b0
あまりに多いと臭そう

27: 名無しさん@1周年 2017/11/19(日) 10:00:01.80 ID:nKUkAUN50
猫だらけの島

31: 名無しさん@1周年 2017/11/19(日) 10:15:14.86 ID:E7xpelyh0
ほらほら餌だよー

33: 名無しさん@1周年 2017/11/19(日) 10:21:08.92 ID:9+iD46xs0
ネコは、エジプトやトルコでは神として崇められた。
中国では13干支の一人であったが、ネズミを襲って喰い殺そうとした為神の地位を追われ、12干支となった。
英吉利では魔女狩りの対象とされ大虐殺されたし、猫占いと称して猫を火炙りにして、猫の王である悪魔猫を召喚しようとする者も今だにいる

35: 名無しさん@1周年 2017/11/19(日) 10:21:54.87 ID:uCISUL0K0
弾丸の飛び交う福岡市・天神から1時間以内という近さで
猫は器用に暮らしているのであった

36: 名無しさん@1周年 2017/11/19(日) 10:27:08.51 ID:B1+nt5so0
漁港があるとこは漁師が餌やりするから猫多いよな

39: 名無しさん@1周年 2017/11/19(日) 10:43:36.05 ID:uVwOoSj+0
香川県の男木島ってとこが猫島ってきいて今度行くつもりでいるんだけど、ほんとに猫多い?

40: 名無しさん@1周年 2017/11/19(日) 10:46:43.23 ID:8okhuBCD0
>>39
多いけど、あそこは住民が望んだ訳じゃなく
阿呆な写真家が勝手に猫の島とか言いだしたせいで捨てに来る馬鹿が多く
それで増えてしまった島
だから島のあちこちに餌やるなって張り紙がしてあるくらい
あと一斉に去勢が行われたとか

44: 名無しさん@1周年 2017/11/19(日) 10:51:24.02 ID:5RDSMNF+0
元祖猫島って四国と宮城かどっかじゃなかったっけ

45: 名無しさん@1周年 2017/11/19(日) 10:52:34.15 ID:zCg8Ncpo0
真鍋島がよかった

46: 名無しさん@1周年 2017/11/19(日) 11:39:59.51 ID:CazdKWXY0
そしてノミやダニをお土産に貰って帰っていくのであった

49: 名無しさん@1周年 2017/11/19(日) 11:52:57.87 ID:dFC+/Wi50
シャッターを押す

50: 名無しさん@1周年 2017/11/19(日) 12:06:00.76 ID:WeQ9zrrW0

51: 名無しさん@1周年 2017/11/19(日) 12:30:42.90 ID:V2NvfWUp0
猫の島からインスタ蝿がたかる島へ。

52: 名無しさん@1周年 2017/11/19(日) 12:37:33.46 ID:cOdmWvON0
no title

56: 名無しさん@1周年 2017/11/19(日) 12:48:36.20 ID:lkhMoTEG0
こういう島で増殖してる猫って近親交配やりすぎて奇形化進んでるっていうけど
ほんと対策取らないといかんわ
この島じゃなかったかもしれないけどどっかの有名猫島の猫達は目の奇形が増えてるらしい

57: 名無しさん@1周年 2017/11/19(日) 12:49:13.59 ID:D2u6uhvM0
今日のダーウィンが来たの番宣か

関連記事

0 Comments

Add your comment