FC2ブログ




【環境修復】「消えゆく湖」アラル海に魚と人が戻ってきた「史上最悪の環境破壊」の一部、漁獲高ゼロがいまは8000トンに

2018
26
1: ガーディス ★ 2018/03/26(月) 19:16:18.81 ID:CAP_USER9
 かつての総面積は6万7300平方キロで、世界第4位の内陸湖だったアラル海は、1950年代のソビエト連邦の農業政策によって、大部分が干上がってしまった。アラル海に注ぎこんでいたアムダリヤ川とシルダリヤ川が、綿栽培のために人為的に流れを変えられたせいである。

 注ぎ込む水量が減少したため、湖の塩分濃度は上昇し、豊富にいた淡水魚の数が減少し始めた。かつてアラリスクに多くの雇用をもたらしていた漁業は、1980年代に壊滅的な打撃を受け、人々は仕事を求めて他の地域へ移住せざるを得なくなった。地元に残った人々も、干上がった湖底による砂嵐などの局地的な異常気象と、砂ぼこりに含まれる化学物質による健康被害に苦しめられた。

「湖を破壊した人間に、自然が報復したのです」。アラリスク地方博物館と漁業博物館の館長を務めるマディ・ザセケノフ氏は言う。

 カザフスタンとウズベキスタンにまたがるアラル海は、わずか30年もたたないうちに元の面積の10分の1にまで縮小し、環境科学者をして史上最悪の環境破壊のひとつとまで言わしめた。残された湖は、北(小)アラル海と南(大)アラル海の2つに分断されている。ウズベキスタンにある南アラル海は、東から干上がり、一筋のごく小さな水域が西の端に残るだけとなった。

 一方カザフスタンの北アラル海は、幸い世界銀行などからの支援を受けて、8600万ドルの環境回復プロジェクトに取り組んだ。周囲を取り巻く既存の堤防を修復して流出を防ぎ、全長13キロにも及ぶコクアラル・ダム(堤防)をシルダリヤ川の南に建設した。2005年夏に完成したダムは予想以上の効果を上げ、わずか7カ月で水位は3.4メートル上昇した。当初は、この数字にたどり着くまで3年はかかると考えられていた。

 その結果、湖に魚が戻り、湖の近くに暮らす人々が増え始めている。政府の政策がアラル海の崩壊を引き起こしたが、その後、慎重な計画と研究によって少なくとも一部を回復させることに成功したというわけだ。

全文は下記で
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/c/032200079/
かつて中央アジアの巨大な湖だったアラル海が、60年ほどの間に10分の1以下の面積に縮小してしまった。左が 2000年8月、右が2014年8月の衛星画像。外側の黒い線は、1960年当時の湖岸線を示す。 
no title

no title

no title

2: 名無しさん@1周年 2018/03/26(月) 19:18:06.12 ID:5m+D5lUe0
荒る海

3: 名無しさん@1周年 2018/03/26(月) 19:20:48.23 ID:f8gkGt750
そんなことより、海なのか湖なのかはっきりしろ!

4: 名無しさん@1周年 2018/03/26(月) 19:22:12.54 ID:YelGn/e20
アラルもない姿だったのに水水しさが戻ったと

5: 名無しさん@1周年 2018/03/26(月) 19:23:39.84 ID:auhKfSrc0
共産主義ってのは、平気で環境破壊をするからな。

8: 名無しさん@1周年 2018/03/26(月) 19:27:58.88 ID:xGxTid/h0
マルクス経済学は労力をかけたものに価値があるという労働価値説だから
労力かけずに得られるもんは価値がないというわけで
湖水は無価値とされて使い放題

13: 名無しさん@1周年 2018/03/26(月) 19:31:59.47 ID:R0tXv6Xr0
>>8
あー、あてが努力主義者を嫌うわけが分かったわ

9: 名無しさん@1周年 2018/03/26(月) 19:28:42.74 ID:EUmRR2Po0
すげえな
たった14年かそこらで干上がるんだ

14: 名無しさん@1周年 2018/03/26(月) 19:32:47.59 ID:R0tXv6Xr0
>>9
地中海も、ジブラルタル決壊後の三年くらいで満タンになったはず

29: 名無しさん@1周年 2018/03/26(月) 19:53:03.79 ID:lLWYcMfY0
>>14
歴史的にはほとんど同じかもだけど、Wikipediaみると200年程かかったようです
干上がった事があるのは知らなかったな

> 再び大西洋とジブラルタル海峡で繋がると、200年以上かけて海水が
> 流れ込み地中海が形成された

10: 名無しさん@1周年 2018/03/26(月) 19:30:19.29 ID:xaIZ9Ltp0
まあ未だに世界最悪の環境破壊をしている国は日本だけどな海に汚染水垂れ流しているせいでウナギはほぼ絶滅させた状態だしイカも絶滅寸前かな
これは日本だけじゃなく近隣の韓国なんかにも大迷惑な話なんだよないくら賠償しても足りないんじゃないか

19: 名無しさん@1周年 2018/03/26(月) 19:40:00.51 ID:TCF8Q+is0
>>10
うんこ

11: 名無しさん@1周年 2018/03/26(月) 19:31:44.68 ID:QJyRovy80
アラル海、アムダリア川、シリダリア川
中高の地理で習ったな

18: 名無しさん@1周年 2018/03/26(月) 19:39:06.34 ID:QTqSBe8M0
>>11
ダリアは川という意味だから、アム川、シル川な

12: 名無しさん@1周年 2018/03/26(月) 19:31:57.05 ID:xCZUinc30
堤防だけで回復したか。

15: 名無しさん@1周年 2018/03/26(月) 19:33:46.49 ID:h+TfIwkj0
自然改造計画なんてやるからだよ。

旧ソ連は原子力の平和利用と称して原爆・水爆を
土木工事に使いまくった。

・石油の出が悪くなったので油田でボン→もっと出が悪くなった。
・石炭を掘りやすいよううにボン→炭鉱で働く人の多くが放射線障害に。
・運河や農業用の人工湖を作るためにボン→人が近寄れない死の湖に。
・放射性残土を埋めるための穴のためにボン→何故か放射性残土が増える。

この他にも地震学者や地質学者の依頼で人工地震を起こすためにもボンした事があった。


アメリカもアラスカで港を作るためにボンした事があるが、
やはり人が近づけない死の港になった。

30: 名無しさん@1周年 2018/03/26(月) 19:54:27.22 ID:T9jFT4om0
>>15
アラスカでのチャリオット作戦が実施されたという話は見つけられなかったぞ?

16: 名無しさん@1周年 2018/03/26(月) 19:37:03.07 ID:VkQxoorUO
共産党の計画経済はとんでもない厄災を引き起こす
スターリンの農業政策はウクライナで大規模な餓死者を、
同じように毛沢東の大躍進は中国全土で何千万単位の餓死者をだした
興味深いのは、旧ソ連も中国も最高幹部の権利基盤が弱体化
それを巻き返すために恐ろし粛清を始めた事
スターリンの赤軍大粛清と毛沢東の文化大革命はよく似ている

17: 名無しさん@1周年 2018/03/26(月) 19:37:05.40 ID:Rbup++hf0
これは嬉しいニュース!!

20: 名無しさん@1周年 2018/03/26(月) 19:40:04.56 ID:Gg6tF0YQ0
北アフリカもローマ時代は穀倉地帯だったよね

22: 名無しさん@1周年 2018/03/26(月) 19:41:36.31 ID:++x2irl50
良かったねえ

23: 名無しさん@1周年 2018/03/26(月) 19:43:28.48 ID:UiqU/Oz50
アラル海は、湖といっても塩湖だから
海水だからね
カスピ海とこの辺は一緒だ

24: 名無しさん@1周年 2018/03/26(月) 19:44:08.73 ID:kQtUlkhw0
アラル海といえば乙嫁語りw

25: 名無しさん@1周年 2018/03/26(月) 19:45:46.58 ID:6Ws2y/or0
Dr.スランプ

26: 名無しさん@1周年 2018/03/26(月) 19:46:38.59 ID:fQt0CZsh0
日本も巨椋池とか八郎潟とか残ってたら
今の時代環境だとか観光だとかでいいもんだったかもしれないな

27: 名無しさん@1周年 2018/03/26(月) 19:48:27.67 ID:bw70LXWn0
>>1
> 一方カザフスタンの北アラル海は、幸い世界銀行などからの支援を受けて、8600万ドルの環境回復プロジェクトに取り組んだ。

これも人工だよね

28: 名無しさん@1周年 2018/03/26(月) 19:48:42.87 ID:qWOhajs30
リバース島はどうなったかな?

31: 名無しさん@1周年 2018/03/26(月) 19:56:44.87 ID:wqFyQ3Z40
死海も小さくなってるんだよな

関連記事

0 Comments

Add your comment