FC2ブログ




【冥土inスイス】スイス自殺幇助団体代表「最近、日本人の登録も増えている」

2018
09
20180909132743372.jpeg 
イメージ画像


1: いちごパンツ ★ 2018/09/09(日) 09:18:21.31 ID:CAP_USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180909-00000007-pseven-int

スイス自殺幇助団体代表「最近、日本人の登録も増えている」

 スイスやオランダ、ベルギー、ルクセンブルク、カナダなどで行われている「安楽死」。その実態に迫ったジャーナリスト・宮下洋一氏の著書『安楽死を遂げるまで』は、終末医療、そして生と死に思いをめぐらせる作品として話題になった。同作で講談社ノンフィクション大賞を受賞した宮下氏が、取材を通じて知り合ったスイスの自殺幇助団体代表に再び会いに行くと、同代表は驚くべき言葉を口にした。宮下氏がリポートする。

 * * *
 本誌・SAPIOで16回にわたって連載した『安楽死を遂げるまで』(雑誌掲載時「私、死んでもいいですか」)が第40回講談社ノンフィクション賞を受賞した。安楽死という答えのないテーマに関して、不躾な質問を許してくれた各国の医師、患者、遺族に深く感謝したい。なかでもスイスの自殺幇助団体「ライフサークル」代表で、医師のエリカ・プライシック(60)には御世話になった。

 彼女のもとで、数多の安楽死志願者の紹介を受け、時には死の「瞬間」にまで立ち会うことになった。

 今年に入り、私は彼女に御礼の連絡を取ろうと思った。だが、メールの返事は滞った。春先には、スペインにいる私にライフサークルのニュースが伝わってきた。104歳のオーストラリア人科学者に対して、同団体が死を幇助したのだという。プライシックの沈黙と何か関係があるのだろうか。

 今年5月、スイス・バーゼルにある彼女の自宅を再訪した。

 予想に反して、彼女は快く迎えてくれた。だが、顔色はさえない。聞くと昨年後半以降、精神的疲労を募らせているという。スイスは自殺幇助が法律で認められているわけではない。罪に問われないだけだ。世界中から患者が訪れる同団体を警察も黙認しづらくなったのだろう。彼女は、当局との摩擦が絶えないことを明かしてくれた。

 件の104歳の科学者の自殺を幇助したのも彼女ではなく、新たに団体に加わった男性医師だった。

 科学者は死に至る病を患っていたわけではなかったが、生き続けることに意味を見出していなかった。プライシックは、私に言った。

「末期(症状)でなくても、一定の年齢を超えた老人の抱く人生の質は、われわれとは全く違います」

 彼女は変わっていなかった。さらに、「最近は日本人の登録も増えているわ」とさらりと言った。会員の安楽死が即座に決行されるわけではない。医師の診断書に加え、現地語での面接が必要で日本人にはハードルが高い。だが、スイスの別団体は2015年以降、日本人の自殺幇助が3件あったと発表している。詳細は不明だが、海を渡る日本人志願者も珍しくはないのだろう。次回、会った際に彼女から決行の事実を伝えられたとしても驚かない。

「あそこにいる義父や義母は、幇助できない。私には近すぎるから」

 他人の自殺幇助は行えて、自らの身内に対してはそれを行えない。その心は理解できる。ただ、そうした感情面で安楽死の是非が判断されるとしたら、それは制度としては危ういのではないか。同書では実際に彼女への反論を書いた。

 携帯を取り出した彼女は、リビングにいた義母を台所に呼んだ。『安楽死を遂げるまで』を手に持ち、私の横に小柄な体を寄せてきた。義母に撮ってもらった写真を確認すると、彼女は「ありがとう」と微笑み、私の肩に手を回した。

 やるせない思いを宿しながら、私も笑顔を作った。取材開始当初、彼女からこう告げられた。色々な人の意見を聞いた上で、最終的には、あなた自身が判断しなさい。

 もし彼女が、この作品を読み異論を唱えようとも、きっと分かってくれる。そう信じることにした。


20180909132744f23.jpg 

5: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 09:23:40.93 ID:YTsNUVKt0
人は生まれて来る時間は選べないが
死にのぞむ時間を選べる自由はある

6: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 09:25:40.63 ID:Vyo6NvE10
俺も安楽死したい

7: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 09:26:32.59 ID:zq4yDK0e0
安楽死を認めなければ自殺が増えるだけ。

8: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 09:26:39.73 ID:z+c3rdRQ0
これ現地語での意思確認全部こなさないといけないとかハードル高くなかった?

9: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 09:28:33.03 ID:+NsNFAB10
日本の法律を変えればいいだけ。安楽死を認めよう。そうすれば電車がとまる事もない。
人の命は地球より重い?。ふざけた事言ってんじゃないよ。
「お前の代わりなんてナンボでもいる」というセリフが好きな国民だろ。
日本人の半分はボンクラ。6000万人もいれば十分。人材が貴重になる国になるよ。

21: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 09:41:08.41 ID:w2NCtqZ30
>>9
天皇陛下ですら代わりがいるのに
俺の代わりはいないとか思ってる池沼がたくさんいるよな

33: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 10:09:25.53 ID:LxolBzHc0
>>9
電車に飛び込むような奴が利用すると思ってんの?
金もスッカラカンで、いかにして社会に迷惑をかけてやろうかと思ってる奴が飛び込みするんだから

しかし飛び込む奴は後どうなるか考えてるんだろうか
空っぽの棺桶で葬式するんだぞ、葬式すらしないかもな
火葬なんてするんだろうか?生ゴミと同じく適当に処理されて終わりかもな
ある意味では火葬だけど、それはただの焼却処分だしな
適当に集めた骨の中にチキン混じってても解らんしな
遺骨だと思ってたらチキンでしたみたいな

10: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 09:29:19.96 ID:PqdrFhKg0
登録したい

11: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 09:31:33.39 ID:SVeVoh5V0
これはビジネスになるね。。。
葬儀屋がオプションでやれる

12: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 09:33:22.63 ID:b1LEiwjq0
死にたいという需要があり
死ねますよという供給がある
立派に経済してるじゃないか

13: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 09:33:31.76 ID:nr6p3JUN0
胃ろうで無理矢理生かされる位なら死んだ方がマシ

14: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 09:35:33.04 ID:QqR/4YpM0
サヨおなら

15: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 09:36:32.04 ID:0+fhhKZe0
国外に登録するほど需要がある
はやくわが国も認めよ

16: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 09:37:33.25 ID:/LibV1QI0
なんかヨーロッパとかだと
安楽死とかじゃなくて、スナッフビデオに出演させられそうだね…
どうせ死にたいんだからいいでしょ?みたいな感じで

17: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 09:37:59.70 ID:YEUTB4Kx0
日本人の名前!これで安楽死実行されたら殺人だぞ、警視庁早く調査に入れ

19: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 09:38:31.00 ID:447+VMSP0
これよりご導師入場 合掌

お直りください

20: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 09:38:39.59 ID:w2NCtqZ30
世界「植民地だから自殺が増えるんだね
ジャップ「自殺は自己責任

22: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 09:41:42.26 ID:YJvYaPlo0
産業もとい散業

23: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 09:44:08.76 ID:fqMcClJo0
この後遺体はどこへ?
日本に運ぶの大変でしょ

28: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 10:00:09.46 ID:4icERFIH0
病気の末期にならないとダメとかふざけた話
もっと気楽にやらせろ

29: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 10:01:45.07 ID:udUPjC6R0
日本こそ必要だと思うけどなこれ

30: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 10:05:45.94 ID:t4YlKNJn0
>>1
今まで少なかったの?
自殺で有名なのに?

31: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 10:07:30.05 ID:C81jI94j0
安楽死装置サルコの設計図配布早くしてくれー

32: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 10:09:06.06 ID:aO+E00ha0
長生きしすぎて
やることなくなった人達?

34: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 10:21:17.75 ID:pTwAbqHu0
自殺超大国日本

35: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 10:45:40.72 ID:xc90ykvd0
寝たきりで自分でトイレにも行けず
ボケがすすんで自分の子供の顔すら忘れたのに
無理やり長生きさせられるシステムのジャパンw

36: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 10:48:04.96 ID:Ym83m8oW0
少しの知能があってある程度年を経れば、この世に死がなかったら社会そのものがとんでもない地獄と化す事は容易に想像がつく
この世に死というシステムがあって良かったなぁと思える

あとは、それを受け入れる覚悟ができるかどうかだけだ

37: 名無し 2018/09/09(日) 10:50:56.01 ID:nBc59CVr0
オランダなら無条件で安楽死オーケーじゃなかったっけか

スイスのは条件厳しい

38: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 10:56:05.69 ID:SO9VMYG70
>認められてはいないが罪に問われない

なんかこの問題の本質を見た気がした

39: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 10:56:23.98 ID:xc90ykvd0
もう10~20年もすれば
誰でも自由に利用できる安楽死施設が
日本にもできるだろうな

41: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 11:02:23.04 ID:Ym83m8oW0
>>39
政府が、労働力が足りないから奴隷ども100歳まで働けと言ってるのにそんなもんできるわけ無い

44: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 11:05:17.94 ID:xc90ykvd0
>>41
政府「(年金老人とナマポを皆殺しにすれば財政健全化できるんじゃね?)」

40: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 10:58:54.47 ID:8br//LuC0
なんかこれ飲んだら楽に逝けるクスリの調剤とかようつべで公開してよ

42: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 11:02:54.89 ID:g5Ic5Z4P0
自殺するにも金がかかるか

43: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 11:04:38.24 ID:fdG2FIgf0
海外まで自殺しに行くその行動力を別の方向に使えよ

46: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 11:16:43.25 ID:l9KQpHqN0
60歳位まで生きたら安楽死したいな

50: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 11:43:44.24 ID:FcjyKCaR0
>>46

禿同。国も年金払わなくていいし、本人は痴呆とか介護の不安もなくなるし、
子育ても終わって、社会人としても先細りの時期だし、希望もないし、
悠々自適となれるほど金もないし、いいと思う。

47: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 11:20:45.01 ID:ONrBLdJF0
姨捨山を復活させようよ、老人多すぎなんだよ

48: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 11:30:19.81 ID:69ank9iQ0
日本だと安倍政権のもと、100歳まで奴隷として働かされる

49: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 11:41:05.50 ID:QUBwphRX0
いいなぁ
かねないから登録できん

51: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 11:45:02.55 ID:xc90ykvd0
韓国はアジアでもっとも進んだ安楽死国らしいから
近々スイスに行かなくても韓国で死ねるようになるよ

会計は内臓払いでいけるだろ

52: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 11:47:06.91 ID:UtRUKCZd0
現代のディストピア

53: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 11:48:53.99 ID:2qHXQk8b0
ガンになったら、痛みや抗がん剤の苦しむより死を選びたいわな。どうせ長くないんだから

54: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 11:55:09.08 ID:5lBkE/930
日本にも欲しいよね

55: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 12:02:26.67 ID:k9QJTxjG0
そりゃ世界で一番?か知らんが自殺が多い国ですから

56: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 12:03:07.40 ID:hhK5esQv0
スイスは進んでるな

57: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 12:04:57.08 ID:H10FIgbO0
「…用件だけにしろ…」

58: 名無しさん@1周年 2018/09/09(日) 12:19:33.41 ID:/zAijrTR0
日本にもドクターキリコが必要

関連記事

0 Comments

Add your comment