GUCCIとドラえもんがコラボ! 折りたたみ財布6万円、スーツケース70万円 グッチ裕三ちゃうぞ

世界的に有名なブランド、GUCCIと日本を代表すべき漫画のドラえもんがコラボしたぞ。 「DORAEMON X GUCCI」としてオンラインで先行予約を受付中。ショルダーバッグ、ミニハンドバッグ、スカート、トートバッグ、スニーカーなど50点以上の商品が公開されている。 流石のGUCCIのコラボというだけあって、どの商品も高価。スマホケースですら4万8400円、Tシャツは6万3800円、折りたたみ財布は6万4900円、スーツケースになると67万円もする。

ケンタッキーフライドチキンの次世代ゲーム機「KFConsole」正式発表。チキンを温める機能付き。

ケンタッキーフライドチキンの次世代ゲーム機「KFConsole」正式発表。チキンを暖めるために設計された独自のハードウェアを持つミニPCとして実際に販売される予定  ケンタッキーフライドチキンの公式Twitterアカウントのひとつである「KFC Gaming」は、次世代ゲーム機「KFConsole」を正式に発表した。  「KFConsole」は、同アカウントが先日から発表を予告していた次世代ゲーム機で、“11GHzのCPU搭載”といった冗談めいたスペックと度重なる延期の報告から「ジョークでは?」と疑うユーザーも少なくなかった。価格や発売日は不明ながら、今回の発表によれば本当に発売することとなったようだ。

【クソプラン】「月額9350円」 auの新プランにネット「期待外れ」の声 条件付き割引に落胆 「au解約」がトレンド入り 9

みんなの意見auが新料金プラン発表、携帯会社どこがいい? 投票数:11,203票NTTドコモ 78.6%楽天モバイル 7.7%その他 4.9%ソフトバンク、Y!mobile 4.4%au、UQ mobile 4.3% KDDIが12月9日に発表した5Gスマートフォン向け新料金プラン「データMAX 5G with Amazonプライム」に対し、Twitterでは「期待外れ」「微妙」「ahamoと比べると分かりにくい」などの声が相次いでいる。 データMAX 5G with Amazonプライムは、データ容量の上限がなく「Amazonプライム」や動画見放題サービス「TELASA」の利用料がセットのプラン。KDDIの東海林崇(しようじたかし)副社長は発表会で「月額3760円から提供する」と安さを強調していたが、これは「スマホ応援割III」や「5Gスタート割」など、各種割引を適用した価格だ。 割引を適用しない場合の価格は月額9350円(税別、以下同)で、月間のデータ使用量が2GB以下の場合は自動で7870円に値下げする。Twitterでは発表直後から「auの新プラン」「月9350円」がトレンド入りしたが、3日にNTTドコモが発表した新プラン「ahamo」と比較する声が続出。 複雑な割引を設けずに月20GB・月額2980円のahamoに比べ、各種割引を適用しないと安くならない料金設定に「結局条件付きか」とがっかりする声が上がっている。 ahamoは月20GBで、動画サービスなどは付属しない。データ容量無制限で、各種サービスが付属するデータMAX 5G with Amazonプライムとはターゲット層が異なり、優劣を比較するのは難しい。 ただし音声通話の面では、ahamoは5分までの通話料が無料だが、データMAX 5G with Amazonプライムは30秒ごとに20円の通話料がかかる。この差もユーザーの批判の的になっているようで、Twitterではauからドコモへの乗り換えを検討する声もあった。 東海林副社長は発表会で、報道陣からahamoの印象を問われた際に「市場に一定のインパクトを与える」と警戒心をうかがわせた。ahamoのリリースを受けて、特典を充実させた大容量プランを打ち出したKDDIだが、ユーザーにahamoほど鮮烈な印象を与えることはできなかったようだ。 9日正午ごろにはTwitterで「au解約」がトレンド入りした。 【訂正:2020年12月9日午後1時46分:初出時、データMAX 5G with Amazonプライムの料金を税込としていましたが、正しくは税別だったため訂正しました】

【話題】深夜のテント、足先に謎の違和感。まさか心霊現象? 恐る恐る確認したら…

キャンプ中。真夜中にテントで目を覚ましたら、足先に重みを感じた…… そんな投稿がツイッターで話題になっている。 まさか心霊現象?と怯えながらも、足元を照らすため、恐る恐るスマホのカメラを起動した投稿者。そこに映っていたものが、こちらだ。 これは2020年11月26日、ツイッターユーザーのニキティg’sオーサム(@awesome_hnysk)さんが投稿した画像。緑色の寝袋の足元にいるのは、二匹の猫ちゃん。 丸くなり、幸せそうに眠っている。深夜の心霊現象の正体は、この子たちだったようだ。 この投稿にツイッターでは  「幸せな光景だなぁ」「おそろしいぐらいの可愛さ」「あったけぇにゃあ…幸せだにゃぁ…って声が聞こえてきそうです」「クマじゃなくてよかった…」 といった反応が寄せられている。 ■その後どうなったの? Jタウンネットは27日、投稿者のニキティg’sオーサム(@awesome_hnysk)さんを取材し、詳細を聞いた。 ニキティg’sオーサムさんが足元の重さに気づき、写真を撮影したのが26日の深夜1時ごろ。千葉県のキャンプ場のテント内でのことだった。 テントはフルクローズ状態だったが、下まで完全に塞がらないタイプだったため、子猫ぐらいであれば余裕で通れるような隙間があったそう。 ニキティg’sオーサムさんによれば、この写真は  「真っ暗で足が閉じたり出来ず重いから手元のカメラを下に向けて感覚で撮りました」 とのこと。 当時の心境を尋ねると  「まずは夕飯時も周りにいたからもしかして猫かもと思ったんですが暗闇で写真撮るのは何か違うものだったらどうしようと恐怖ながら撮りました。猫と分かったら安心と愛おしさでいっぱいになりましたが、無理して購入した高価な寝袋なので爪が引っかかったらどうしようという恐怖が次に来ましたw」 とコメント。正体が分かっても、恐怖体験には変わりなかったようだ。 ちなみに、このあと猫ちゃんたちはどうなったのだろうか。聞いてみると、  「猫と確認したらしばらくそのままにしてましたがトイレに行きたくてそーっと上半身を上げたら逃げました」 とのこと。 その後、トイレから戻ったニキティg’sオーサムさんは、再び寝ようとしたが……。  「また来たらと予想して下半身には毛布を上から被せて寝ました(寝袋を守る為)。するとしばらく寝たらまた乗っかってました。また逃げてを合計3回したと思います!」 なんと一度逃げてしまった猫ちゃんたちはまたテントに戻ってきたのだ。 ニキティg’sオーサムさんのツイートによれば、この子たちはキャンプ場で飼っているわけではないそうで、野良猫だろうとのこと。暖かい寝床を見つけて、気に入ったのかもしれない。今回のかわいい侵入者たちに対し、ニキティg’sオーサムさんは  「癒しの趣味としてキャンプを初めてまだ5回目位でこんな素敵な出来事に出会えて幸せですし更にそれをインターネットでこれだけの人達と共感出来るなんて幸せ過ぎです」 としていた。