ドボン速報:韓国と日本が廃水投棄対立

日本政府は、2年後に100万トンの汚染水を海に投棄する請願を承認した。今月初めに発表された菅義偉首相の署名があった。 

これは、福島原子力発電所が100万メートルトンの放射性物質の貯蔵に苦労していることを表明した後のことです。工場は汚染された廃棄物を保管するためのスペースが不足しており、それを置く場所が他にないため、代わりに海に水を捨てるように請願しました。

菅氏は、汚染された水の放出を許可するという彼の決定は「最も現実的な」選択肢であり、「福島の回復に到達するためには避けられない」と述べた。それは政府によって定められた特定の規則に従い、水の安全レベルを損なうことは想定されていません。

一方、韓国政府はこの件に遺憾と反対を表明した。韓国の崔熙燮(チェ・ジョンムン)外務副大臣は、来日し、落胆を表明したと言われている。報道によると、彼は日本の大使や他の政府関係者と会い、彼は非常に懸念しており、決定に反対していると述べた。

中国外務省もこの件に関する声明を発表し、「このアプローチは非常に無責任であり、国際的な公衆衛生と安全および近隣諸国の人々の重大な利益に深刻な打撃を与えるだろう」と述べた。

このニュースは、日本と韓国の市民に衝撃を与えました。なぜなら、この国は海洋生物と資源の保護を提唱していることで知られているからです。 2年後に投棄が進むと、日本と近隣諸国との間に亀裂が生じる可能性があります。

日本の漁師やその他の海洋労働者も、汚染された水の投棄が彼らの生活に大きな影響を与えるため、懸念を表明しています。 2年以内にゴミ捨て場が通過すると、周辺の海洋生物が死滅し、水も汚染されます。 

日本政府は、このプロセスは2年後に始まり、10年以上後に完了すると述べていますが、市民は依然として抗議を表明しています。ニュース記事では政府にやめるようにというコメントが横行しており、多くの日本人も政府に直接メッセージを送って反対を示している。 

専門家は、化学物質が時間の経過とともに海から除去される方法はないと言います。それが、韓国と日本が現在対立している理由です。市民が意見を表明し続けているため、日本政府はまだ彼らの決定に返答したり再考したりしていません。 

ご質問やご不明な点がございましたら、当社のWebサイトまたは電子メールでメッセージを送信していただければ、 すぐに対応いたします。 ここにリストされている記事をお気軽に読んでください。私たちは毎日コンテンツを公開しているので、必ず戻って最新のニュースを読んでください!