日本で唯一の認可された女性騎手、藤田菜七子に会う

ほとんどの女性は、男性が支配する専門分野を追求するためのリソースと機会を欠いています。これは、社会的、政治的、経済的平等が世界中の女性によってまだ完全に実現されていないためです。

競馬は、伝統的に男性的と見なされているスポーツの1つです。 それにもかかわらず、女性は男性と同等の能力で競馬に出場することができます。

心温まる話のように ドボン速報の、藤田菜七子はさまざまなニュースサイトで騒ぎました。彼女は、女性がエンパワーメントに向けて前進する上で大きな一歩を踏み出していることを証明しました。彼女は競馬業界で成功することによってこれを行うことができました。

藤田会う藤田

菜七子に菜七子は、16年ぶりに日本中央競馬会の女子騎手になりました。彼女はわずか18歳で2016年にこれを達成しました。

ななこは、免許を持った騎手であることは常に彼女の子供の頃の夢であったと述べました。彼女は6年生の時からそれを目標にしています。彼女は、競馬に参加している女性は非常に少なく、成功した女性ははるかに少ないことを知っていたが、それは彼女を落胆させなかったと述べた。

ななこさんは小学生の頃、テレビで初めて競馬を見ました。彼女の人生のこの早い時期に、騎手になるという彼女の夢が生まれました。 「人間が馬と一体になるのを見て感動しました」と彼女は言います。

ななこは小中学生の頃から武道の本格的な修行を始めました。この時、彼女は空手で一段、剣道で二段を獲得しました。彼女は最終的にJRAの競馬学校の競争力のある入試に合格しました。

ななこは、JRAの競馬学校で男女の体力の大きな違いを学びました。彼女は20キロの体重を肩に乗せて走らなければならなかった時のことを覚えています。ななこはこういうことにも関わらず頑張った。 

増沢由貴子と他の2人の女性は1996年にJRA免許を通過しましたが、引退して以来、誰も彼らの道を歩んでいません。それは、ナナコが2016年3月24日に彼女の最初の勝利を獲得するまででした。2017年に、彼女はJRAの女性騎手によってシーズンで最も多くの勝利を収めたと認められました。

2019年、ななこはG1レースに出場した最初の女性JRA騎手になりました。彼女は東京競馬場のフェブラリーステークスでコパノキッキングで5位に終わった。 22歳の時、ななこはキャリアの歴史を作った。彼女は2020年4月25日に福島で開催されたR1レースで100番目の優勝者になりました。

藤田菜七子は、どんな職業でも男女共同参画が達成できることを証明しました。彼女の話はようなさまざまなサイトで読んで広め、必要があります ドボン速報ニュースの知らせる、 すべての人に。