【米】4歳男児が野生の小鹿と一緒に帰宅 SNSで写真が話題に

子ども達は初対面でも躊躇することなく友達を作っていくが、このほど4歳児が連れてきた新しい友達はなんと小鹿だった。アメリカのニュース番組『Richmond News & Weather』のインタビューに応じた母親は、「驚きすぎて、思考が停止してしまった」と明かしている。

米バージニア州ノーザン・ネック在住のステファニー・ブラウンさん(Stephanie Brown)は、家族と共に同州マッサヌッテンにあるリゾート施設を訪れていた。

ステファニーさんは4泊を過ごし、自宅に帰るため部屋でパッキングをしていた。すると外で遊んでいたドミニク君(Dominic、4)が帰ってきて、玄関でブーツの雪を落とす音が聞こえたという。

ステファニーさんは「玄関の方を見てみると、小鹿を横に連れたドミニクが立っていて、家の中に入ろうとしていたのです。信じられなくて、私の頭がどうかしたのかと思いましたよ。思考が停止して、しばらく固まってしまいました」と驚きの光景を目の当たりにした心境を明かした。

ドミニク君は新しい友達を紹介しようと、小鹿を玄関まで連れてきたのだ。ステファニーさんはゆっくりと動き近くにあった携帯を手に取ると、ドミニク君と小鹿が並ぶ姿を写真に収めたという。

写真には“赤鼻のトナカイ”柄のパジャマに上着を羽織ったドミニク君が写っており、何の疑問も持たず、自然な流れで小鹿を連れてきたようだ。ドミニク君の顔には満足げな表情が浮かんでいる。

写真を撮ったステファニーさんは「小鹿のお母さんがこの子を見つけられるように、森の中にかえしてきなさい」とドミニク君に伝え、小鹿を自然に帰すことができたそうだ。

ステファニーさんがFacebookにこの写真を投稿すると話題を呼び、ニュース番組『Richmond News & Weather』にも取り上げられた。

ニュースを見た人たちは「その小鹿は英語を喋っていたんじゃない?」「子どもって本当に不思議な力を持っているよね」「純粋な心を持つ子どもは動物と話すことができるんだね」などのコメントを寄せている。

予想外の注目を集めたステファニーさんは「面白いと思ったのでシェアしただけだったので、こんなに大きな反響があるとは思わず驚きました。ドミニクは社交的な子だと周りの人はみんな知っていて、本当に可愛い子なんですよ。今回の件は、ドミニクの優しい心を表していると思います」と述べている。画像は『Stephanie Brown 2021年1月27日付Facebook「Dominic really went outside and brought a deer back…」』『Richmond News & Weather 2021年1月28日付「Adeerable: Four-year-old Virginia boy finds new friend, mom stunned」』のスクリーンショット